肩こりエクササイズ 知っているつもり

こんにちは。向ヶ丘遊園登戸のねもと整体&ストレッチスタジオの院長の根本です。

こちらのYouTube動画をご覧ください。

動画でお話ししているのは肩こりの方の方の使い方についてお話ししています。

首を測定してみてください。

この時に首を左に倒して右の方が上がっている状態が下がっている状態か?みてください。

肩が上ってしてしまう形は肩こりになりやすいタイプです。

つまり首と一緒に肩が上がらないように、エクササイズをする必要があります。

肩に力を抜いてくださいと指示された時に肩の力が抜けない方は意外にも多いです。

そのような方は、首を倒しながら、肩を下げるエクササイズを行います。

このエクササイズに慣れてくると、肩が凝ってるなと思ってたら、方が上がってきてしまっている可能性があるので上げて下げて上げて下げてを3回ほど行ってください。

その後に首を倒してみると方が不思議とついてこないで首が倒れるようになります。

このようなエクササイズを繰り返すことで肩と首が別々に動くようになってきます。

首と肩が不思議と離れるような別々のユニットになります。

頸椎の下部方が、どうしても動きすぎてしまい肩こりが起こってしまいます。

その1つの原因が今回お伝えしたような肩甲骨の硬さや僧帽筋の硬さが影響しあっているのです。

力を抜こうと思っても抜けない人が約半数です。

そのような方は力を抜くのではなく力を入れればいいのです

力の入れ方がわかると抜き方も自然とわかります。

腰痛の原因にもなっている肩甲骨。

回旋の動きに対して、肩甲骨の動きが硬い固まった動きが影響しているのです。

肩を揉んでも肩こりの回復にならない理由

方をを家族にマッサージしてもらって翌日かえってなくなってしまう事が多いようです。

肩が凝ってしまっている原因というのがわからない限りいくら強く揉んでところで本当の原因を知らない限りはまた再発してしまいます。

ところが再現性が高いテクニックと言うのは間違いなく関節を調整するテクニックです。

筋肉を強く揉むと言うのはオーバーストレッチになります

筋肉を踏むと筋繊維が傷つきます

友だち追加